2009年、函館の開港150周年を記念して行った「アートフェス ハコトリ」。
予算も時間も会場も、本当に何もない中から、「函館にもアートなイベントがあってもいいんじゃないか」という気持ちを持った有志が集まって生まれたこの企画。当初から、トリエンナーレ、すなわち3年に一度開催する継続的な展覧会を意識して、「函館トリエンナーレを目指し、とりあえず実施しよう」という意味で「ハコトリ」と名付けました。そんな前向きな熱意を推進力に、函館の原点でもある西部地区や、朝市、大門地区など複数箇所の会場で、多数のアーティストの作品を、およそ1ヶ月にわたって展示しました。
さて、それから3年が経った今年、いよいよ「トリエンナーレ」として開催決定!出発点である2009年の「ハコトリ」を第1回として、今回は「第2回函館トリエンナーレ」とします。
今回は、西部地区にある大正~昭和初期に建てられた4つの建物を会場に、国内で活躍する若いアーティストと、函館に住む若手アーティストに、インスタレーション(架設展示)をしてもらいます。函館の古い街並みを、若きアーティストたちが新たな魅力を加えてくれることでしょう。

ハコトリ代表;大下智一
北海道立函館美術館 主任学芸員

 

ハコダテトリエンナーレB2ポスター

ハコダテトリエンナーレA3フライヤー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご協賛のお願い

ハコダテトリエンナーレは有志の実行委員会で運営されております。協賛金または寄付金という形で、私たちの活動の応援していただける方を募集しております。 企業・事業主様で協賛していただける方は、貴法人・事業で使用されているホームページ等を、当ホームページでバナーリンクさせていただきます。ご協賛いただける方はご寄付いただける方はご一報のうえ、こちらの口座にお願い致します。
hakotri@gmail.com
TEL 0138 83 7721 | FAX 0138 83 7722

北洋銀行 万代町支店
普)3344815
アートフエスハコトリジッコウイインカイ