第2回ハコダテトリエンナーレ開催まで、ちょうど1週間となりました。私たちスタッフの動きも慌ただしくなり、また、作家さんも来函し始めました。今回は、バル街とのコラボ、銭湯、1箇所の建物に複数の作家の作品と、見どころがいっぱい。

みなさんもハコトリ巡りの日程のチェックをお願いしますね。

開催が近付き、注目度も次第に高くなって、スタッフの力も入ってきていますが、今回は、あの雑誌「PEN」にも紹介されたりと、全国的にも知られているのかな(?)との期待を持ちつつ、最後の準備にとりかかっております。

ちょっと日程が違っていますが、「PEN」の記事です。そして地元の新聞各社、放送局などでも取り上げられ、また、函館市公式観光サイトの「はこぶら」でも1ページを使って紹介されました。

「函館トリエンナーレで、街とアートが一体に」⇒ http://www.hakobura.jp/deep/2012/08/post-209.html

函館ならではの、古い建物とアートの融合。函館独自の雰囲気を持つ西部地区は来週7日からアートに染まります。是非それらをじっくり味わってください。