9月に入り、第2回ハコダテトリエンナーレ開催までもう、4日しかない。私たちスタッフは錯綜しています。

そんな中、お陰様でボランティア希望の方が現れ、心強い次第です。

さて、開催日の7日、ハコトリは展示だけおとなしくやっているわけではありません。

開催初日に相応しい、イベントやパフォーマンスがいっぱい。それをご紹介しましょう。

まず、会場のひとつとなる旧大黒湯では、湯の浜ホテルのロシアンハウスさんとハコトリがジョイント。

ロシアンハウスさんはバル街の一店として参加していますので、ハコトリとバルが合体したということです。

アートを見ながら紅茶やウォッカ、ビンチョスを楽しみ、男湯・女湯を自在に歩いて見て回ってください。

ちなみに、旧大黒湯さんに展示する作家さんは、内海聖史さん、中根ちえこさん、広野じんさんです。

詳しい作家さんのご紹介はこちら ⇒ http://hakotri.info/artist

ロシアンハウスさんの営業は14:00~20:00までです。

 

そして、バル街の中心的存在である、末広町の「まちセン」では、午後からハコトリ参加作家の紀あささんが、

函館在住で手回しオルガン製作者である谷目基さんの手回しオルガンを演奏し、パフォーマンスまで見せてくれます。

だいたい午後2時くらいから1時間おきに5時まで、計4回のパフォーマンスを予定しているようです。

 

初日は本当に楽しい企画がいっぱいです。

まちセンで紀さん見たら、西に向かいましょう。そこには、アートと美味しい飲物が待っています。