昨日、ついに第2回ハコダテトリエンナーレが開幕しました。その初日を飾るに相応しいイベントが旧大黒湯で開催。湯の浜ホテルのロシアンハウスさんによるバルの営業。ハコトリ参加作家である紀あきさんの手回しオルガン演奏など、一日中アートなフェスティバルが西部地区住宅街で繰り広げられました。

開催のために実行委員がミーティングを始めてから約1年半。ついにこの日がやってきました。私たち委員は裏方でしかありませんが、全国各地から集まった作家さんの作品が、函館の9月を何かの色に染めてくれたら、今までの時間が無駄ではなかったと思えるでしょう。

それでは、ハコトリ本番までの準備からの模様を写真でご覧ください。

 

 

これから開催中、各会場の雰囲気や作品の一部などをご紹介したいと思います。

 

(文・写真/ハコトリ実行委員会 前田)